外壁 塗り替え費用

外壁塗装の塗り替え費用

外壁 塗り替え(外壁塗装)費用の相場

外壁塗装の費用相場。見積もりサイトについて。

外壁 塗り替え 費用相場

外壁の塗り替え時期、我が家の外壁塗装の費用ってどれくらいかかる?

外壁塗装は高額な工事です。
失敗したくないですよね。

外壁塗装業者に見積もりをもらう前に、ご自宅の外壁塗り替えの費用相場を抑えることが大切ですよ。

「どこかの塗装業者に見積もりをもらおうと思うけれど、どうして費用相場を知っておいた方が良いの?」

外壁塗装の費用相場を知ることはとても大切です。

外壁塗装の費用は見積もる業者によって異なります。
そのため、費用相場になっているのかどうかの判断が出来ることが重要といえます。

費用に関しての知識を持ち、外壁塗装業者の相見積もりで比較をすることが成功のためのオススメの方法です。

坪数ごと、外壁塗装の費用相場

外壁塗装に必要な金額、費用相場をさっそくみていきましょう。

共通する条件は以下とします。

・塗料は人気が高く、コスパの良いシリコン塗料
・サイディングボード
・外壁のみの費用相場

シリコン塗料といっても種類が豊富です。

選ぶ塗料のグレードや下地処理などによって金額は変わってきます。

業者によって人件費も異なりますから、大体上記の費用相場を前後してお考えになられると良いでしょう。

戸建て住宅平均坪数は30坪~35坪

日本の一戸建て住宅の平均的な坪数、といわれるのが30坪~35坪の住宅です。

そのため、塗装業者のホームページや外壁塗装の折り込みチラシでは、

「30坪の住宅でコミコミ50万円!今だけ、格安!」

と30坪の戸建て住宅を基準として、広告文が載っていることなどが多いです。

ちなみに、こうした今だけ格安!といった場合、塗装の条件を安いものとして算出している可能性がありますので、それなりの質にすると、一般的な費用相場になったりすることも多いので注意が必要です。

外壁塗装 費用の内訳

外壁塗装には様々な費用がかかります。

大きく分けて、以下の4つの費用が発生します。

・足場費用
・人件費
・材料費
・諸経費

足場費用

外壁の塗り替えには足場が必要です。
安定した足場が無いと、綺麗に塗装をすることは難しいです。

2階建てよりも3階建ての方がコストは高くなります。

足場にも種類があり、狭小住宅で足場のスペースがあまり取れない時用の足場などもあります。

一般的には「ビケ足場」が主流です。

人件費

塗装に関わる職人さんなどの人件費です。
ベテランほど高単価と考えて良いでしょう。

ベテランの職人が2人、3人と増えると高品質で早く工事も終わりますが、費用が高くなります。

地域の工務店などに依頼すると1人親方も多いので、時間はかかりますが丁寧に綺麗に塗装や補修などを行ってくれるといったメリットもあります。

材料費

塗料、養生シート、飛散防止ネット、シーリング(コーキング)剤などの材料費です。

塗装面積が大きくなると、比例して費用が高くなります。

諸経費

交通費、ゴミ処理代などの雑費などが含まれます。

外壁の塗り替えは、どうして費用相場としか書けないの?

外壁塗装に必要なお金、費用を事前に調べようと思っても、具体的な金額は分かりません。

あくまで、

「これくらいかかりそうだな・・・」

といった費用相場で見ることしか出来ません。

その理由は、上記にありましたが「外壁塗装の費用の内訳」にもあったように、塗装業者によって異なる費用が多いためです。

人件費の部分などはどういった職人さんの構成で作業にあたるかで変わってきます。

希望する工期などによっても変わってくるでしょうし、外壁塗り替えを依頼する業者の規模にもよりますね。

こうした業者の規模などまで個人で調べ、塗装業者を比較しようと思うと本当に手間がかかり大変です。

ですから、外壁塗装の一括見積もりサイトを利用する方法をおすすめしています。

⇒ 外壁塗装 費用 シミュレーション

外壁塗装の費用シミュレーションができ、なおかつ地元の優良塗装業者を探して相見積もりを依頼出来る一括見積もりサイトをご紹介しています。

利用は無料ですよ!

相見積りで外壁塗り替え費用を比較することが大切です

外壁塗装は高額なお金が必要となる住宅工事です。

100万円近くかけて外壁を塗り替えるのですから、失敗したくないですよね。

しかし、現実には外壁塗装はトラブルが多いんですね。

住宅の取得やリフォームに貸したトラブルの相談が出来る、住宅リフォーム・紛争処理支援センターというところがあります。

こちらに寄せられた相談件数は、2017年度では電話相談全体の件数は28,142件。

その内、リフォーム相談が10,138件です。

ひび割れ、はがれ、雨漏り、汚れ、といった不具合などが多くなっています。

参考URL:住宅リフォーム・紛争処理支援センター 住宅相談統計年報 2018より

追加費用などに関するトラブルもあります。

こうしたトラブルを避けるためにも、優良塗装業者を選ぶことがとても大切といえます。

そのためにも、相見積もりを取って見積書の内容から実地調査の仕方、質問や説明の丁寧さ、連絡の取りやすさなどを比較することが重要です。

ネットで塗装業者の口コミ・評判を調べても、塗装業者のほとんどは見つかりませんしあっても鵜呑みにしない方が良い場合が多いです。

実際に相見積もりを取って自分自身で比較することが重要となります。

この後の「外壁塗装 優良塗装業者の探し方」でもありますが、こうした一括見積もりサイトを利用することで審査をクリアした塗装業者に見積もり依頼をすることが出来ます。

3社程度に相見積もりが出来ますので、比較しやすいでしょう。

相見積もりをする場合には、3社が良いかと思います。
2社では比較の基準が作りにくく、4社、5社となると比較が大変です。

利用も無料ですから、外壁塗装の一括見積もりサイトを活用されてみてはいかがでしょうか。

外壁塗装 失敗しないために優良塗装業者を探すには

外壁塗装のリフォームを考える歳、避けたいのはやはり悪質な業者につかまることです。

外壁塗装の業界は、特別な資格などが無くても開業して仕事を始めることが出来るため、本当に様々な業者がいる業界となっています。

自社サイトを持っている塗装業者の方が少ないといって良いでしょう。

塗装業者の選び方について、ご紹介しています↓

⇒ 外壁塗装 優良業者の探し方

外壁塗装の業界には残念ながら悪質な業者もいます。外壁塗装はリフォームの中でもトラブルが多い工事のため優良塗装業者を選び、発注することがとても大切になります。

外壁塗装 優良業者の探し方についての注意点、ポイントをまとめて掲載しています。

link

薬剤師単発派遣
看護師 単日バイト、単日派遣