有料老人ホームにおける看護師の役割とは?

病院勤務の看護師とは異なる仕事です

イメージ

有料老人ホームにおける看護師の役割、仕事内容について見ていきましょう。

もちろん、勤務先となる施設によって看護師が担う仕事内容なども変わってきますから、転職を希望される場合には興味をもった施設へ具体的に確認されてみて頂きたいと思います。

介護付有料老人ホームでの看護師の仕事は、病院勤務の看護師とは違います。

看護師の主な役割として、入居者の健康管理があります。
介護行為はありますが、医療行為は行われませんから最新の医療や看護技術の向上などのスキル、知識からは離れてしまうことになります。
こうした部分で向上していきたい看護師の方は、介護施設への転職はまだ見合わせた方が良いかもしれません。

有事の際、たとえ対応するための知識があったとしても、受診、搬送に付き添ったり、主治医や提携先の病院の指示に基づいて処置を行う事になります。

転職先として注目される介護のお仕事

入居される方は高齢者であるために、持病をお持ちの方も多いですから普段から体調の変化などは見逃さないようにすることが大切です。

入浴される方のバイタルチェック(体温・血圧・脈拍など)を行い、入浴可否を判断する事も看護師の重要な役割となります。
健康チェック、健康管理はとても大切な部分ですから、普段から入居されている方に声かけを行ったりと体調変化を見逃さない事は重要といわれます。

そのほか、薬管理、病院へ行かれる方の付き添い、胃ろう、糖尿病の方がいらっしゃる場合はインシュリン注射なども行います。
入居者のご家族とのコミュニケーションも重要な役割です。

有料老人ホームで勤務をすることで、認知症や高齢者看護のスキルなどが身に付いてきます。
これからさらに高齢化社会が進む中で、介護施設も増えていきますから、看護師が活躍できる場というのは益々増えていくことになります。

病院勤務の看護師として働き続ける事に、体力的に不安をお持ちの方も多いと言います。

こうした有料老人ホームなどの施設は、生死に関わる場面も急性期病院、大学病院のように多くはありませんし忙しさも違います。
ですから、比較的ゆとりをもって看護業務に当たることができ、将来的にも活躍できる場として、転職先として注目されています。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

ランキング