介護施設のの看護師として転職するには?

介護施設のナースの役割について

イメージ

病院以外の看護師の転職先として注目され、実際に求人数も増えてきているのが介護施設です。

介護施設での看護師の仕事は施設によって違いはありますが、基本的には「入所者の生活サポート」「見守り」が主となります。

具体的には、健康管理をメインとしながら、日々のコミュニケーションを通して体調変化や病気のサインなどを早く察知する事が看護師に求められる重要な役割となります。

もちろん万が一の際には責任を持って緊急対応(連絡等)を行う事も大切な仕事となります。

万が一の際の対応方法に関しては、施設長やケアマネ、かかりつけ医師などとの連携が欠かせませんから、定期的に確認をすることも重要と言えるでしょう。

介護施設は治療を目的としていないため、看護師の仕事内容・役割もそれに合わせたものとなります。

介護施設の種類には、

・特別養護老人ホーム
・有料老人ホーム
・介護老人保健施設
・デイケア(通所介護)

などと呼ばれる介護施設があります。

移乗が多い介護施設の看護師の仕事

腰を痛めている看護師さんはいますか?

介護施設での看護師の仕事は、移乗が多いと考えて良いでしょう。

健康管理も重要な仕事、役割ですが、介護の仕事も行う事になると思っておいて良いでしょう

私は看護師、介護士さんが全部やってくれるから・・・と思っていては、実際に働き始めてから苦労するかもしれません。
(看護師は介護の仕事をしない施設もあるようですが、スタッフ間のコミュニケーションが心配になります)

特に夜勤帯は介護スタッフも手薄になりますから、看護師といえども同じような役回りで仕事をする事が多いでしょう。

そのため、腰を痛めている看護師はよけいに腰を痛めてしまう事になりかねないそうです。

また、特別養護老人ホームでは看取り介護に取り組んでいる施設も多いです。

思っている以上に幅広い知識を求められると考えても良いかもしれませんね。

看護技術は伸びないかもしれませんが、高齢者看護にもっと取り組みたいといった方には良い職場になるともいえるでしょう。

ベネッセMCMで有料老人ホームの求人を紹介してもらう

ランキング