介護老人保健施設のナースの仕事

医療分野の仕事がメインになります

イメージ

介護老人保健施設とは、主に在宅で日常生活が送れるように復帰させるリハビリを中心に行う施設です。
この施設で勤務する人員としては、施設を中心に運営する介護職員をはじめ、医師、看護師、理学療法士などが勤務しています。

この施設で入居している方々の1日は食事、入浴をもちろんのことリハビリを兼ねたレクリエーションなどが行われます。
こういった看護師の仕事内容としては、医療分野での仕事が主になります。

毎日定刻に行われるバイタルチェックをはじめ、投薬の管理などがあります。
ただ、それ以外にもコミュニケーションや職員さんと同様の業務も含まれてきます。

医療行為のスキルレベルはそれほど必要としませんが、総合的なものが求められるのが、この介護老人保健はでの仕事となります。

病院などでしたら、患者さんに対して限られた時間内で医師の指示のもと業務をこなさなければなりません。
しかし、この施設では1人1人に割合い時間を取り会話などのコミュニケーションを多く取ることになります。
これは、冒頭申し上げたようにリハビリテーションも兼ねています。

専門医との連携も非常に重要です

また、施設の専門医などとの連携も非常に重要な役割となります。
施設には看護師は複数名いることは少ないため、必然的にトップポジションとなる場合が多いです。

転職先として考えるならば、ある程度看護師としてのキャリアがあった方がよいかと思います。
ただ、医療レベルとしてはそれほど必要としないためブランク明けの職場としてオススメ出来ます

勤務体系の特徴としては、まず夜勤はないのが通常となります。
ですから、ライフサイクルとしては定時定刻での勤務となりますので多忙を極めることはまずないでしょう。

看護師としての復帰をお考えの場合、夜勤や多忙過ぎる勤務を変えたい場合の方にはこの介護老人保健施設での勤務は最適かも知れません。
ですから、仕事と家庭を両立するライフスタイルを確立させる職場にふさわしいかと思います。

実際に求人を探される際は、人材紹介会社を活用されてみてはいかがでしょうか? 転職活動を行うにおいて、サポートを受けられる部分はしっかり受けておく方が、結果的にスピーディーにお仕事を見つけられると思います。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

ランキング