特別養護老人ホームでのお仕事をお探しの看護師さんへ

看護師の仕事内容・役割について

イメージ

特別養護老人ホームのお仕事をお探しの看護師さんへ。このページでは、特別養護老人ホームにおける看護師の仕事内容について掲載しています。

看護師の転職先として、特別養護老人ホームでの勤務という選択肢もあります。
この特別養護老人ホームというのは、略称で『特養』と呼ばれることもあります。

この特別養護老人ホームは、介護施設に分類することができます。
ここにいらっしゃる入居者の方々は、自宅での介護が困難である人が多く在籍しています。

ですから、業務としては介護全般になります。
具体的には、食事であったり排泄物のお世話、入浴に至るまで日常生活で行われる動作全般の介助になります。
また、健康面での管理も業務の範囲となってきます。

看護師としてのメイン業務は、毎日の点滴、お薬の管理、委託医など担当医との連携を取ったりなどがあります。
一日の業務は同じルーチンワークで時間的余裕もあるため的確、確実に丁寧にこなすことが出来ると思います。

この特別養護老人ホームは、医師の常駐ということがありませんので時より看護師が判断し行動しなければ、ならない場面も出てきますので、看護師の勤務条件として臨床実施経験を求める施設もあります。

スローペースなお仕事とも言えるでしょう

施設の形態にもよりますがだいたいが看護師複数名が所属しているため、看護師同士の内輪の話やチームプレイも取れたりできることが多いでしょう。

ただ、施設の入居者ほとんどが自立者ではないためそれなりに大変な介助となりますが、病院で勤務する看護師さんほど激務ではなく、むしろスローペースな面が多く転職された看護師さんは少し戸惑う機会も多く見受けられます。

そんな看護師さんの中には、『こんなにゆっくりしていていいのか?』『もっと、出来ることがないのか?』
『ここをこう改善した方がいいのでは?』など、前向きで積極的な方である場合多少ジレンマが起こってしまうケースもあるようです。

業界自体がそれほど改革的な姿勢を見せないところも多く、そのままで良い風潮というのも少し強い面があります。
それが、病院勤務でバリバリやっていた看護師さんであれば、何かサボっているような気になるのも頷けます。

業界の違いがあるため、少しスローペースに落としてゆっくりと業務の改善やコミュニケーションを充分にとっていくことが特別養護老人ホームでうまく仕事をするコツになってきます。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

ランキング