日勤で常勤できる介護業界

介護業界への看護師転職がオススメです

イメージ

日勤専従で働きたい看護師へオススメできるのが介護業界への転身です。

介護施設の増加は説明するまでもありませんが超高齢化が進み、65歳以上の人口の割合いが23%を超えています。
当然、その対応として社会は変動する背景があり、介護業界は変革を遂げています。

今、介護業界へ転身する看護師さんが増えているのです。
その理由を解説しますと大きく分けて2つあると言えます。

1つは、超高齢化が進み介護施設の増加に伴う好条件での看護師求人急増です。
2つ目は、日勤で常勤できる点です。

この1つ目は、介護施設へ入居、もしくは介護サービスを受ける高齢者が増加と施設増加による人員の確保が余儀なくされます。

さらに、医療の依存度が高い高齢者が増え、医療従事者のニーズがより一層高まり医療業界と同じになっています

そのため、給与と福利厚生などの面で好条件によって人材確保せざるを得なくなります。
要するに売り手市場となっているのです。

コミュニケーションが大切なお仕事です

2つ目は、医療業界とは一線を画した点になります。
それは、日勤が常勤となっているところです。

病院では、寝る間もなく過労死するような事件が起こるほど、凄まじく激務である病院での勤務はあり得ないくらいに心労があります。
しかし、介護業界ではそのようなことはまずないと言えます。

これは、救命業界である医療の現場と延命行為が中心となる現場との違いになります。
緊急性がそれほど高くない業務が多いため、それに携わる業務が日勤だけで十分に行えるのです。

病院勤務から介護施設勤務へ転身した看護師さんが、業務のペースやリズムがあまりにも違うため戸惑う人が多いとも言われています。

看護師さんからすれば、同じような給与、福利厚生があって生活リズムが整えられるのであれば介護施設での勤務をしたいと思うのは通常の流れかも知れません。

高齢者方々への気遣いであったり、コミュニケーションがとても大切になってくる業務内容ですから、もし、こちらの方が合っているかも知れないのであれば、検討する余地はあるかと思います。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

ランキング