看護師さんの介護業界への転身について

看護師は過酷な職業ではありますが

看護師の介護業界への転身について掲載しているページです。

介護業界へ転身する看護師さんがここ数年で増加傾向にあります。
この要因は様々ありますが、看護師としての仕事をしっかりとやっていきたいという気持ちの表れがあるかと思います。

そもそも看護師さんは、病院でまともに仕事が出来ないのが当たり前という開き直らなければならないくらい過酷な環境が存在しているんです。

これは、慢性的な看護師不足によるものが原因であることは間違いありませんがこのことが様々なものを引き起こしている現実があります。

人間関係のもつれや悪化もその一つでしょう。
人間余裕が無ければ、精神的に切迫してきてしまいます。

そうなりますと、患者さんにも同僚にも優しさを見せることが出来なくなるのも当然です。
しかし、そこはプロですから患者さんにはしっかり対応しなければなりません

ですが、これが看護師間同士であれば話しは別です。
とかく立場の強い看護師から下のものへと当たりはきつくなってしまいがちです。

これが若い看護師など流れて行くわけです。
これがすべての原因という訳ではありませんが、少なからず労働するための環境として最悪に近いものがあります。

それを裏付ける証拠として、一般の職業よりも看護師という職種は離職率が高くなっているのです。
この状態で、看護師さんが最も危惧されているのが『患者への対応について』なんです。

介護業界への転職が増えています

イメージ

看護師というのは、人命を救うためにある職業です。

転職を考えているある看護師さんは、こうおしゃっておられました。
『仕事を充実させたい、人の役に立てることをしたい。』

専門の学校を経てようやく取得した看護師資格を活かせないままにしているような気持ちになると言っていた看護師さんがいるほど、病院では看護師さんはフル回転で業務にあたっています。

そんな消化不良な思いを持っている看護師さんが思い切って違う業界へ転身しているんです。
それが、冒頭申し上げた介護業界です。

この介護業界で、看護師さんが魅力に感じる点としては仕事への充実度なんです。
介護業界も看護師不足ではあるもの、病院のようなシステムになっていないためバタバタになって患者さん一人ひとりに丁寧な対応が出来ないということはありません。

介護の場合は、緊急性高い場面はそれほど多くなく医療行為自体もレベルが高いものを求められることがありません。
重要視されることは、介護施設におられる入居者の方へのケアになります。

ですから、病院とは違いよくコミュニケーションを取りながら仕事を行うことが出来ます。
このことが、看護師として充実した気持ちを持つことができるという訳なのです。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

ランキング