有料老人ホームの健康管理の内容とは?

有料老人ホームで働く看護師の役割

イメージ

多くの有料老人ホームでは、入居者の方の健康を維持するために健康管理を行っています。

有料老人ホームで働く看護師の役割として、重要な仕事がその健康管理業務となります。
毎日居室に訪問して、血圧・体温・脈拍などバイタルチェックを行い、異常やいつもと変わりがないかどうかをチェックします。

また入居者の方からの健康に関しての相談や質問などについても応えるのも重要な役割となります。

365日看護師が常駐する場合が多いですが、夜勤体制は各有料老人ホームによって異なります。
看護師も夜勤に入る施設もあれば、オンコール体制を取っている施設もあります。

夜勤の働き方で希望がある場合には、有料老人ホームの求人へ応募をする前に確認をした方が良いでしょう。
せっかく採用が決まった場合に、夜勤があるのは聞いていなかったので困る・・・と言うことは避けたいですよね。

介護スタッフとのコミュニケーションが大切です

大部分の有料老人ホームでは、協力医療機関による定期訪問診療があります。
看護師はその際の補助、サポートも行う事が多いです。

内科、心療内科、眼科、歯科など施設によって訪問診療をする科目は違いますが、入居者の健康管理にとって大変重要なのが訪問診療となります。

もちろん常駐する看護師として、入居されている方の異変や体調悪化に気づいたときには救急車を呼ぶ手配、病院を受診するための付添などをする必要があります。

入院時には、入退院の送迎などを行う事もあるでしょう

少しでも様子がおかしいと感じたときには、他のスタッフと連携して様子を見守るなど連絡をすることも、医療の専門職である看護師の重要な役割となります。

そのためにも介護スタッフや理学療法士などともコミュニケーションを取り、スムーズに業務が行われるようにしておく事が大切です。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

ランキング