病院以外の職場へ転職する看護師が増えている

ブランク明けの復職の際に介護施設を選ぶ看護師が多い

イメージ

看護師の仕事を続けたいけれど、病院で働くのは厳しい・・・

そうした場合、病院以外の職場へ転職したり、再就職をしたりする看護師の方が多いです。

介護施設へ転職される方の理由は様々ですが、働きやすさを優先した結果、有料老人ホームなどの看護師として転職をされる方は最近増えていると言います。

高齢化が年々進んでいるわけですが、介護施設の施設数も増え、そこで働く介護士、看護師ともに需要が増えています。

将来的な活躍を見込んで、介護施設で働きながらケアマネージャーの資格取得を目指す方も増えているそうです。

現在も既にケアマネージャーの資格を取得し、看護師として、ケアマネージャーとして施設の責任者として運営にあたられている方もいらっしゃいます。

介護施設では医療行為は比較的少なく、ケアワーカー(介護スタッフ)を中心として看護に当たることになります。

体力的には、やはり病棟勤務の時よりは楽だという感想を持つ看護師は多いですね。

そのため、ブランク明けの復職などでも有料老人ホームをはじめとして介護施設が選ばれることも多いですね。

介護施設の看護師求人を探す際のポイント

また、大規模な病院で働いた経験のある看護師の場合には、比較すると規模の小さい施設が多いですから、アットホームな雰囲気で働く事が出来るのが魅力、という方もいらっしゃいます。

介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、有料老人ホームと全国には多数の介護施設があり、北海道から東京、神奈川、大阪、沖縄まで多数の看護師求人が掲載されています。

それぞれの地域で働き方の希望にあった職場が見つかると思いますので、仕事と育児を両立したい方や、体力的にそれほど厳しくない職場で働きたい、夜勤無しで働ける職場を希望、といった看護師の方は、医療行為の比較的少ないこれらの介護施設での仕事も検討してみてはいかがでしょうか。

介護施設の看護師求人も、こちらでご紹介している看護師求人サイトで見つける事が出来ます。

特にベネッセMCMはグループ会社が全国で多数の有料老人ホームを運営していますから、常勤での転職、非常勤・パート、単発バイトなど多様な働き方が可能となっています。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

ランキング