転職理由を明確にしましょう

退職時に重要になる転職理由

転職する、と言っても転職理由が必要です。

ただ、実際には看護師の場合には「良い職場があったら転職したい」と考えている人も多いです。
ですが、面接ではそうしたことを素直には言えませんから、やはり何らかの転職理由は必要になってくるでしょう。
退職したい、と今働いている職場の上司に伝える際にも、明確な転職理由は必要です。

どこの病院、医療機関も人手不足ですから大切な人材を引き留めるのは当然です。
それを説得するためには、やはり転職理由は重要となってきます。

面接でも重視される転職理由

転職をするにあたり、転職先で行われる面接においても必ず質問される項目となるのが「転職理由」です。

どの病院も看護師不足ですから、基本的には歓迎されますがあまり相手に伝わらない転職理由の場合には、不採用になる事も当然あります。

採用する側が気にするのは、また同じような理由ですぐに転職してしまわないかどうか、ということです。

例えば、人間関係が元で転職した場合、やはり同じような理由で再び転職しやすい傾向があります。
給料が安いからと転職した場合、やはり給料に不満を持ちやすい傾向があります。

看護師の転職理由として実際に多いのが、上記2つです。

人間関係と給料への不満
実際に問題がある職場もありますが、あまり正直にそれを伝えても良い印象にはならないでしょう。

そうした理由もありつつ、キャリアアップや家庭環境と絡めて転職理由を考えると良いでしょう。

転職をする必要性がある事を、相手に分かりやすく簡潔に伝えることが重要となります。
また、そのために面接対策が必要になってきます。

多くの看護師は面接では緊張すると言います。
あまり緊張してしまうと、上手く受け答えできず、不採用になってしまうこともあります。

出来れば、面接対策はしたほうが良いでしょう。

面接対策を自分で行うのが難しい場合には、人材紹介会社を利用する事でサポートの一環として面接対策もありますから、活用されると良いでしょう。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

ランキング