看護師転職後の資格取得について

認定看護師やケアマネージャーを取得される方もいます

看護師として転職を考えたとき、どんな転職を希望するかで資格の取得も考えてみる価値はあります。
転職に成功している人、というのは自分に付加価値をつけていたりするものです。

病院以外の職場への転職を希望される方もふえています。
企業で働く看護師としてであれば、英語力もあると良いでしょう。
MRやCRC、CRAとして転職をされる方も増えています。

看護師としてさらに専門性を高めていきたいのであれば、認定看護師や専門看護師としての道もあります。
今いる病院で働きながら勉強をし、資格に合格してからその領域の臨床や手術に強い病院へ転職する方法もありますし、取得するためのバックアップが欲しければ、後押しをしてくれるような理解のある職場へ転職してしまうというのも一つの手です。

介護施設へ転職をするのであれば、介護職員初任者研修や介護福祉士、ケアマネージャーなどの資格取得を目指す方も多いです。

特に有料老人ホームなどを始めとして、介護施設でキャリアを積んでいくことを希望されるのであれば、ケアマネージャー資格を目指す看護師の方は多くいらっしゃいますね。

ケアマネージャーの資格は介護施設や、医療の現場などに勤務した経験が5年以上あれば受験が可能となります。 試験は年一回。

介護支援分野、保健医療分野、福祉分野から出題されますが、実務経験(保有資格)のある分野については免除されます。

認定看護師資格について

看護師として働いている中で、やはり認定看護師資格に興味が一番いくのではないでしょうか

特定の分野、領域において看護師として高い知識、技術を有している事の証明にもなりますし、病院側としても認定看護師資格を持っている看護師は、その病院が力を入れている領域であればぜひ採用したいと考えるでしょう。

認定看護師資格にも色々なものがありますが、それぞれ特定分野での実務経験を必要とします。

認定看護師の資格取得は簡単ではありませんが、それだけに取得していればその道の専門家として重視されるようになるでしょう。
医師とも対等に接することができるようになるとも言われます。

皮膚・排泄ケア
認知症看護

などは高齢者看護では関わりがあるでしょうか。

有料老人ホームでの勤務で役立つかは分かりませんが、資格取得もキャリアアップに繋がるといえます。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

ランキング